冠婚葬祭のメイクは、列席者に合わせる事もできます

 最近では、男性も美容に関する意識が高くなっており、髪を整え、顔にも化粧品を塗るなどの場面が見られる様になっています。しかし、冠婚葬祭の場面では、その場に合わせたメイクが必要になる事もあります。 冠婚葬祭の場面の結婚式では、喜びの気持ちも加わるため、華やかな雰囲気に包まれる場所になる事が多くあります。ヘアーや顔のメイクにも、ラメやパールなどを使用する事があります。華やかさを加える一つにもなりますが、できるだけ主役の2人の仕上がりを越えない範囲にする必要はあります。結婚式では、あくまでも主役の2人が輝く様に気遣いをしておく事が、優しさのある喜びに繋がります。 一方で、冠婚葬祭でも葬儀の場面では、派手さは必要とされません。遺族として、あるいは参列者としての場合であっても、一般的には、個人が目立つ目的が存在しません。悲しい葬儀の雰囲気を壊してしまう様な、派手なメイクを避け、色味を抑えておくと、失礼にならない演出になります。