葬祭時のナチュラルメイク

冠婚葬祭の中でも、お葬式や法要などのお悔やみの席となる葬祭のシーンにおいて、良識ある振る舞い方のみならず、女性の弔問者にとってメイクに気をつけることも重要で、片化粧とも呼ばれることもあり、派手なメイクは控え、薄化粧となるナチュラルメイクを施すことが原則です。大人の品格にも左右するため、葬祭シーンにあわせた内容で施すことが大切です。例えば、素肌に近いベースとしてファンデーションを用いる場合、肌質を整える程度に薄くつけるものの、乱反射させる機能が付いているパールやラメ入りは避けるのがマナーです。次に目元ですが、アイシャドーやマスカラは付けないのマナーですが、使用したい場合にはマット系となるベージュやブラウン系など、肌色に近い色で仕上げ、アイラインはパッチリではなく切れ長となるよう、目尻にのみ入れることが葬祭にあわせられるテクニックです。チークは入れず、口紅はグロスを避けてベージュ系を入れます。